サービスと利用者について

本規約は、利用者と株式会社高志インテック ヒューマ(以下ヒューマ)のサービスについての説明・注意事項です。

第1条:ヒューマのサービス

ヒューマのサービスとは、ヒューマが提供する一般労働者派遣事業および有料職業紹介事業に付随するその他関連サービスのことです。

第2条:利用者、利用の申し込み、審査

  1. 利用者ご本人が、本規約に同意した上で、本サービス利用を所定の案内に従い、申込を行うものとします。
  2. ヒューマは、所定の審査により、本サービス利用者として不適格と判断した場合、ご利用をお断りすることができるものとします。また、この判断に関するご質問等については回答およびその他一切の対応を行う義務はないものとします。また、本項内容から発生する一切の損害について、当社は何らかの責任を負わないものとします。

第3条:求人照合

ヒューマは、利用者から受領したお申し込み内容と求人企業が希望する求人条件とを照合しますが、検討基準や判断理由などをお伝えすることはできません。また、利用者から求人企業に対する応募依頼を受け付けて以降も、求人企業からの依頼に基づき、求人企業に代わってヒューマが当該求人への適合度合いを判断することがあります。

第4条:サービス提供の期間

ヒューマが提供する本サービスは、原則として、利用者個々にサービス開始の通知を行った日から5年間提供します。また、この期間内に本サービスを通じて利用者が求人企業に入社した場合、入社日をもって当該利用者への本サービスの提供を終了いたします。
利用者から本サービス提供の終了のお申し出を受けた場合についても、合理的な範囲内で速やかに終了させていただきます。

第5条:サービス停止・終了

ヒューマは、以下のいずれかに該当する事由が発生した場合、利用者に事前に通知をすることなく本サービスを変更または一時停止する場合があります。

  1. 本サービスのためのシステム定期保守・更新ならびに緊急の場合
  2. 通常の対策では防止できない突発的なシステムの故障やウィルス被害や火災・停電等の不可抗力によりサービス提供が困難になった場合
  3. その他不測の事態により、サービス提供が困難とヒューマが判断した場合

ヒューマは、2週間以上の告知期間をもって利用者に通知することで、その理由に関わらず本サービスを中止・終了する場合があります。

第6条:利用者の禁止事項

利用者は本サービスへの申し込み時、および本サービス利用時に、以下の行為を行わないものとします。

  1. 虚偽の情報を、申し込み時や利用時に申告・提供する行為
  2. 他の利用者や求人企業・ヒューマまたは求人企業の従業員・その他ヒューマの業務に関わる第三者に対し、誹謗中傷・侮辱・脅迫する行為
  3. 他の利用者や第三者に対し、財産・プライバシー・肖像権・名誉・著作権・商標権・その他知的所有権を侵害する行為
  4. 本サービスの業務、運営を妨げる行為。またはヒューマの信用を毀損するような行為
  5. 公序良俗や法に反する行為、及び犯罪的行為に結びつく、またはその恐れのある行為

第7条:利用者の除名

ヒューマは、本サービス利用者が本規約禁止事項に違反したと判断した場合、または、利用者とヒューマとの信頼関係が維持できないとヒューマが判断した場合、本サービスに関する通知を行った日から1カ月経過しても利用者からご連絡のない場合等、利用者として不適切と判断した場合には、本サービス提供の中止および除名を行うことができます。なお、本サービス提供の中止・除名から発生する一切の損害について、当社はなんら責任を負わないものとします。また、これらの場合において、その判断に関する質問等については回答およびその他一切の対応を行う義務はないものとします。

第8条:利用者の責任と免責事項

本サービスの利用及び情報提供内容は利用者ご本人の意思と責任を持って行うものとします。本サービスの利用は、必ずしも求職活動や転職活動に対し有効性を持つ事を保証するものではありません。また、利用者は自己責任において、入社後の労働条件等を直接求人企業と確認した後、雇用契約を結ぶものとします。ヒューマとは仕事内容や労働条件等の概略について求人企業の確認を行うものの、雇用契約の内容を最終的に保証するものではありません。ご了承下さい。尚、本サービスの利用から生じた一切の損害(精神的・財産的損害を含む一切の不利益)について、ヒューマは責任を負わないものとします。

第9条:損害賠償責任

利用者が本規約の各事項に違反して、ヒューマ関係者または第三者に損害を与えた場合、利用者はその損害を賠償するものとします。

第10条:管轄裁判所

本規約および本サービスに関する準拠法は日本法とし、本規約および本サービスから生ずる紛争については、富山地方裁判所または富山簡易裁判所を第一審の管轄裁判所の専属とすることに合意します。

このページのトップへ戻る